カテゴリ:インデックス投資

インデックス投資のカテゴリ記事一覧。三重在住の主婦あんこもちが、家計管理と貯蓄に挑みます。家計簿、インデックス投資、節約など、身の回りのお金のことや、日常の小さなできごとについて綴ります。

2015-11-13 投資についての雑談
ニッセイアセットマネジメントの主力インデックスファンドである、<購入・換金手数料なし>シリーズの3つのファンドの信託報酬が11月20日から大幅に引き下げられることになりました。 内容は、現在楽天証券でのみ取り扱っている、三井住友アセッマネジメントのDC開放ファンドを強く意識したものになっています。3ファンドとも2015年11月12日時点では、同一アセットクラスの市販ファンドの中で最も低い信託報酬となっています。 ...

記事を読む

2015-11-01 投資についての雑談
※トップ画像は公式のロゴにフリーの素材サイトの写真を張り付けて作りました。 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015 」にはじめての投票をしました。このイベントに参加すると、わたしも投信ブロガーなんだなあという実感がわいてうれしいです。 ささやかではありますが、「わたしは投信をこんなふうに考えてるよ!こんなファンドがいいと思う!」という意思表示をする数少ないチャンスです。楽しみながら投票させて...

記事を読む

2015-10-25 投資についての雑談
最近twitterのタイムラインがアセットアロケーションとポートフォリオについての話題でにぎやかです。厳密にいえば2つは違うものなのですが、一体のものとして考えている人も多いです。 わたしは鳩さんの記事(補足前のもの)に「あれ??」と思い、言葉の定義が違うのでは?という指摘をした1人なのですが、よく考えたらわたし自身が認識違いをしているかも。 そんなわけで、「あんこもちはこう考えているよー」というのをコスメ...

記事を読む

2015-10-13 実践!インデックス投資
運用報告の記事で書いたとおり、10月からお小遣い運用分の積立ファンドを総入替しました。 新しいファンドは、いずれも「配当込み」指数をベンチマークにしており、実質コストも低いファンドです。 この時に長考したのが、新興国株式をFunds-i (正式名称:野村インデックスファンド・新興国株式)に変えても大丈夫?ということでした。Funds-i新興国株式の純資産は9月30日現在で15.3億しかなく、繰上償還されるかもしれないという...

記事を読む

2015-10-10 運用状況と資産配分について
「どんな形で報告すればいいのかな?」ととまどいながらの2度目の運用報告です。大きな変化はお小遣い投資分のリアロケーションと積立ファンドの変更を行ったこと。今までと大きく性格の違う資産配分になっています。 息子が発達障害を抱えていることがわかり、「相場の変動を気にしてる場合じゃないな。息子>>>>>投資だから、暴落時に数ヶ月ほったらかすことも十分ありうる。今のうちに手当てしなきゃ。」と感じたため、迷...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ニッセイアセットの信託報酬引き下げに深謝!ファンドの乗り換え 積立先の変更を検討する際の注意事項

9d8cb54fa2b1aaa825db778275d266c4_s.jpg

ニッセイアセットマネジメントの主力インデックスファンドである、<購入・換金手数料なし>シリーズの3つのファンドの信託報酬が11月20日から大幅に引き下げられることになりました。

内容は、現在楽天証券でのみ取り扱っている、三井住友アセッマネジメントのDC開放ファンドを強く意識したものになっています。3ファンドとも2015年11月12日時点では、同一アセットクラスの市販ファンドの中で最も低い信託報酬となっています。

細かい内容については、記事の最後にプレスリリースと信頼できる先輩投資家さんの記事へのリンクを貼りますので、そちらを参照してください。わたしが言及すべきことは特にありません。

1人のインデックス投資家としては「うれしい!ニッセイアセットさん思い切った決断をしてくれてありがとう~!!゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ これで楽天証券に乗り換えてまで三井住友アセットのDC開放ファンドを買わなくていいよー!!」という感謝の気持ちでいっぱいなのですが、心配していることもあります。

この記事では、わたしの考えている心配ごとと、<購入・換金手数料なし>シリーズへの乗り換えや積立先の変更を検討している人に向けての注意事項をお伝えしようと思います。

» 記事の続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015 」に投票しました

fandofyear2015.png
※トップ画像は公式のロゴにフリーの素材サイトの写真を張り付けて作りました。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015 」にはじめての投票をしました。このイベントに参加すると、わたしも投信ブロガーなんだなあという実感がわいてうれしいです。

ささやかではありますが、「わたしは投信をこんなふうに考えてるよ!こんなファンドがいいと思う!」という意思表示をする数少ないチャンスです。楽しみながら投票させていただきました。

» 記事の続きを読む

アセットアロケーションとポートフォリオの言葉の定義についてのまとめと論点整理

bsMS251_kosumeset1.jpg

最近twitterのタイムラインがアセットアロケーションとポートフォリオについての話題でにぎやかです。厳密にいえば2つは違うものなのですが、一体のものとして考えている人も多いです。

わたしは鳩さんの記事(補足前のもの)に「あれ??」と思い、言葉の定義が違うのでは?という指摘をした1人なのですが、よく考えたらわたし自身が認識違いをしているかも。

そんなわけで、「あんこもちはこう考えているよー」というのをコスメポーチの中身になぞらえて書いてみることにしました。

2015年10月26日追記

この記事は基本のまとめと整理を目的に、なるべく原則に忠実に書きました。わたしなりの書き方ではありますが、内容に誤りがないことを確認しています。

一方、原則を理解したうえで敢えて資産配分のことを「ポートフォリオ」と呼ぶ金融機関やブロガーさんも多くいます。(というより、こちらが主流派です。) このことを頭に置いたうえでお読みいただければ幸いです。

» 記事の続きを読む

積立ファンドを変更した時に考えた 純資産と繰上償還のこと

787c6f8824979edee691e4a263aa6774_s.jpg

運用報告の記事で書いたとおり、10月からお小遣い運用分の積立ファンドを総入替しました。

新しいファンドは、いずれも「配当込み」指数をベンチマークにしており、実質コストも低いファンドです。

この時に長考したのが、新興国株式をFunds-i (正式名称:野村インデックスファンド・新興国株式)に変えても大丈夫?ということでした。Funds-i新興国株式の純資産は9月30日現在で15.3億しかなく、繰上償還されるかもしれないという懸念があったためです。

この点について調べものをしたり、twitterで助言をいただいたりして、最終的には「これなら大丈夫」という考えになりました。せっかくの機会ですので、ファンドの純資産と繰上償還について考えたことをまとめてみます。

» 記事の続きを読む

リアロケーションと積立ファンドの変更をしました インデックス投資の運用状況(2015年10月)

5836f0de2565ddeb37d38cc8abda0592_s.jpg

「どんな形で報告すればいいのかな?」ととまどいながらの2度目の運用報告です。大きな変化はお小遣い投資分のリアロケーションと積立ファンドの変更を行ったこと。今までと大きく性格の違う資産配分になっています。

息子が発達障害を抱えていることがわかり、「相場の変動を気にしてる場合じゃないな。息子>>>>>投資だから、暴落時に数ヶ月ほったらかすことも十分ありうる。今のうちに手当てしなきゃ。」と感じたため、迷いなく保守的な資産配分に切り替えました。

インフレのことを考えなくもないのですが、いちばん大切なのは安心して長く運用すること。わたしの場合はこれでよかったのだと思っています。

また、積立ファンドの顔ぶれも大きく変わりました。ベンチマークの問題について考えたことをきっかけに、「配当込み」指数を採用している低コストファンドを選んでいます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 貯金生活はじめました(家計簿と身近なお金の話) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。