スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

あんこもちの自己紹介

プロフィール画像

はじめまして、(もしくは改めまして、) あんこもちです。京都市近郊に住んでいる30代の専業主婦です。夫と小さな息子との3人暮らしをしています。結婚するまでの30年以上を鹿児島で過ごした、もと薩摩おごじょの関西人です。

結婚を期に家計簿をつけるようになり、夫の転職をきっかけに2014年3月からインデックス投資をはじめました。相場の変動に心がざわつくこともありますが、バイアンドホールドのほったらかし運用をしています。

性格はひとことで言うと「めんどくさがり」。やることがなければずっと布団の中にいたい、根っからの引きこもりです。結婚する前はお金はある分だけ使ってしまう、貯蓄や投資とは無縁な人間でした。

そんな私がどうしてお金に関するブログを書くようになったのか、自己紹介をしたいと思います。長文ですがお読みいただければ幸いです。

数学は大の苦手。小論文が書けないから法学部。遊び呆けた大学時代

あんこもちはインデックス投資ブロガーにはめずらしい純文系です。関数はよくわからないし、微分積分は名前を聞いただけで頭痛がします。

国語だけは得意でしたが、小論文は大の苦手。試験科目の都合上、選択肢は法学部しかないという有様。

大学で勉強した記憶はほとんどありません。先生の言葉で覚えているのは、「法律の勉強といえば学説対立なんだけど、あれは原理原則じゃなくて解釈の曲げ方の良し悪しを競っているの。まるで盆栽自慢よね。だから初学者にはわかりにくいのよ。」だけ。思い出はサークルの友人との飲み会やキャンプに、麻雀。しょーもない学生生活でした ヾ(;´▽`A``

不動産会社勤務と司法書士の勉強で得たもの

1回留年して大学を卒業した後は地元の不動産会社に就職しました。事務職として賃貸管理と売買仲介に関わり、多くのお客様の悲喜こもごもを見てきました。

やりがいはあったけど、ストレスの多い仕事でした。発散手段は小金を貯めてはジュエリーを買うこと。服とコスメにもお金をかけていて、貯蓄とは縁の薄い生活でした。

仕事への興味が高じて宅建を取得。次いで司法書士を目指しましたが、仕事中以外はずっと勉強の日々に体と心が耐えきれずに挫折します。

収穫は(当時は何もなかったと思っていたけれど)、法律の知識を通しての仕事の理解と、資格試験の勉強の要領、人の営みの清濁とそれに対処する術があることを知れたこと、そして夫との出会いでした。

目標を見失い、抜け殻になっていたところに妊娠。仕事人間だった私は思わぬ形で退職することになります。

鹿児島から関西へ 生活ギリギリの新婚生活

お金はないけど満ち足りた生活

新婚当初、夫は司法書士事務所に勤めていました。資格取得前提での丁稚奉公のため、激務の割に安月給です。義実家からたくさんの物資を頂きながらも、蓄えを少しずつ切り崩す生活でした。

「自分で稼いで自分で使う」というポリシーのもと散財していた独身時代には、想像もしなかった「専業主婦」という立場と質素な生活。戸惑いはありましたが、地に足がついている実感があって幸せでした。

家計管理を始めたのはこの頃から。家計簿は夫への報告書という位置づけです。項目を少なめにして夫が見やすいよう工夫するなど、現在の家計記事の原型らしきものを作っていました。

行き違う夫婦の気遣いと短期で終わった貧乏生活

自分には叶えられなかった司法書士の夢を夫には叶えてほしいとの思いがあり、子どもが幼稚園に上がるまでは生活を維持できるよう、対策を練っていました。(婚前資産の放出と失業保険の受給に加え、早期に再就職するつもりでした。)

ですが夫は自力で妻子を養いきれないことに苦悩し、司法書士を諦め転職することに。幸い転職先に恵まれ、長く続くかに思えた貧乏生活は、意外に早く幕を下ろすことになります。

生活に余裕が生まれ、お金と初めて向き合う

余裕があるからこそ生まれた、様々なお金の問題

家計が黒字に反転したことで、子どもの教育資金の積立や貯蓄など、将来への備えができるようになりました。

はじめに手がけたのは、医療保険の見直しと生命保険の加入です。ここで感じたのが「保障の割に保険料ってすごく高い。大きな保障を望んだらきりがないな。」ということ。

必要な保障を見極めるために、初めて社会保障や会社の福利厚生について調べました。あてにならないと思っていたものに手厚く保護されていたことを知って驚きました。

また、夫の勤務先が確定拠出年金を導入していたため、「投資信託」という資産形成の手段に出会いました。

本来なら個人が手を出せないようなものに対して、小額から投資できる投資信託の仕組みは、とても興味深いものでした。中でもヒトの主観を排除して市場平均を目指すという「インデックス投資」は、わたしにもできそうだと思える唯一の投資法。もっと知りたくなって投資ブログを読みあさるようになりました。

ほどなくして預金のみにしていた確定拠出年金の内容をインデックス運用に変え、自分でも証券口座を開設して積立投資を始めることになります。

あんこもちがお金の話に興味を持つ理由

夫が稼いでくれるお金を生きたものにしたいというのが、いちばんの理由です。

また、夫が司法書士試験に再挑戦する可能性に期待しています。その時は自営という、それまでと大きく違った道を歩むことになります。お金の知識があれば、大きな力になってくれるのではないかと思いました。(もちろん、サラリーマンの資産形成にも役立ちます。)

半人前のインデックス投資ブロガーあんこもちの誕生

そんなわけで「半人前の投資ブロガーあんこもち」の出来上がりです。今はまだ相場との付き合いに慣れないため、小さな金額で試験運用しています。

理解できるかどうかは別として個人的にはマニア向けの細かい話も好きなのですが、大切なのは基礎知識や原理原則だと実感しています。そのためこのブログでは、お金に興味を持ってくれる人なら、なんとなくでも意味が伝わる基本的な話題を多く扱うようにしています。

投資だけでなく家計についての記事を書くのは、「インデックス投資に興味を持つきっかけになるとうれしい」と「何をするにしても、足元にあるのは家計だよなー」の二つの思いがあるためです。

力不足の身ですが、わかりやすい記事をお届けできるよう努力していきます。今後とも当ブログをごよろしくお願いします。

 タグ

トラックバック (0)

Copyright © 貯金生活はじめました(家計簿と身近なお金の話) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。