かにと景色とレトロな列車を楽しめた冬の天橋立電車旅(カニかに日帰りエクスプレス) 後篇

貯金生活はじめました(家計簿と身近なお金の話)

  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • かにと景色とレトロな列車を楽しめた冬の天橋立電車旅(カニかに日帰りエクスプレス) 後篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

かにと景色とレトロな列車を楽しめた冬の天橋立電車旅(カニかに日帰りエクスプレス) 後篇

CIMG5710.jpg

かにと温泉を楽しんだ後は、(ちびすけが風呂場ですっ転んで頭に大きなたんこぶを作るというトラブルがあったものの) 天橋立を探索。

茶店や喫茶店に後ろ髪をひかれながらも橋を渡っていきます。2年前は昭和の懐かい雰囲気を感じたのですが、ずいぶんお洒落になった印象です。観光地も変わっていくんですね。

この記事は続き記事の後篇です。天橋立の景色や帰り道の駅や電車の写真を載せています。かに料理と行きの様子については、下記の記事をご覧ください。


天橋立の散策

智恩寺。臨済宗のお寺で文殊菩薩を祭っています。お参りしたら賢くなれるかしら?

CIMG5665.jpg

きれいな景色だけど閑散とした天橋立公園

小天橋。ここから先が天橋立公園です。多くの観光客でにぎわう場所ですが、今日は人がまばら。

CIMG5677.jpg

美しい景色も寒空も何のその。意に介さず走り回るちびすけ。記憶のほんの片隅でよいから、彼の中にも何か残るとよいな。それにしても風が強くて寒いです。

CIMG5710.jpg

来るたび撮影してしまう「特別名勝 天橋立」の石碑。普段はお目にかかれない古い字体が好きです。

CIMG5693.jpg

あんまり寒かったので戻ってきました。写真左側に写っているお店は「対橋楼」。和モダンな内装で眺めがとても良いです。前に来たときはこちらでお昼をいただきました。子連れでもゆっくり過ごせます。

CIMG5730.jpg

かに味噌と地酒は欠かせない

天橋立駅すぐそばの「旬彩 するめや」でカニ味噌と地酒とホタルイカの沖漬けを購入。手作り干物の専門店のようで、おいしそうな干物がずらりと並んでいましたが、今回はがまんがまん。

CIMG5562.jpg

駅に着いてほっとひと息

無事に天橋立駅に到着。ちびすけは歩き疲れてくったりしております。今日はよく歩きました。

CIMG5734.jpg

帰りに乗った京都丹後鉄道の特急。ころんとした形でかわいいです。

CIMG5794.jpg

駅の明かりと夕暮れがきれい

JR福知山駅の夕暮れ。ここで特急きのさきに乗り換えました。充実した一日でした。ちびすけは夢の中です。

CIMG5828.jpg

旅の費用と感想など

カニかに日帰りエクスプレスの料金が2人で27,800円、昼食時に頼んだ飲物代が3,000円程度、かに味噌などの嗜好品代が4,000円程度だったので、日帰り電車旅の費用の合計は35,000円ほどになりました。

ちょっとした贅沢ではありますが、かにと温泉と景色にくわえて電車旅の風情まで味わえて大満足でした。カニかに日帰りエクスプレスは京阪神・北陸・岡山・広島などから出発しています。

平日であれば、予約が取りにくい人気宿のかに料理を手頃な価格で楽しむことができておすすめです。機会があれば、ぜひ乗ってみてください (*´▽`*)

Copyright © 貯金生活はじめました(家計簿と身近なお金の話) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。