スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

半年ぶりの投資オフ会は楽しかった! 高級イタリアンデビューしてきました

beer.jpg

kenzさんとピヨママさんにお声掛けいただき、久しぶりにインデックス投資オフ会に行ってきました。場所は京都市某所の”高級イタリアン”(サイゼリヤ)です。一部界隈では聖地となっている高級イタリアンですが、あんこもちは初めて。

おっかなびっくりエスカルゴを食べたり、100円のグラスワインのコスパに喜んだりと楽しい時間を過ごしました。お会計は4時間居座って1人1,300円ほど。安っっ!

今回は投資の話題が中心でした。が、酔っぱらって眠くなっていたのでよく思い出せないー。トピック形式でご紹介することにします。

まずはメンバーのご紹介

kenzさん インデックス投資日記@川崎

ピヨママさん オフ会@京都 2015年8月15日|ピヨママのコツコツ投資でも右往左往

waniさん @makowani

あんこもち 貯金生活はじめました

以上の4人でのオフ会でした。初めましてのピヨママさんは、仕切り上手でテキパキさんな印象。投資経験の豊富なkenzさんとwaniさんに、初心者のピヨママさんとあんこもちがいろいろ教わっちゃうぞーという集いでした。

主な話題はこんなんでした

  • ニッセイのインデックスファンド低コストでイイネ。
  • 低コストインデックスファンドが増えて、海外ETFの優位性が薄れてる。
  • インデックス投資は致命傷を受けにくいけど、市場リスクを全力で取ってる。リスクの小さな投資法ではないよ。
  • インデックス投資の損失は細かく計算してもあてにならない。リーマン・ショック時の損失をベースにざっくり考えるくらいでいいと思う。
  • 普段は投資の「と」の字も言わない親戚に相談受けたと思ったら、外貨建ての保険やファンドラップをすすめられていた。鴨にされとるから、それだけはやめとけー。
  • 外貨建て(生命)保険のよくないところは、為替リスクが大きいこと、毎月の積立額が家計を圧迫しがちなこと、お金を超長期で拘束される割には利率が低いこと、短期解約すると大きく元本割れしてしまうこと、保険会社の倒産リスクを負うこと。流動性はとても大事。
  • 流動性といえば、自社株もおすすめできない。インサイダー規制の関係で換金にかなりの期間がかかるし、勤め先がつぶれた時のダメージが大きすぎる。
  • インデックス投資家は暇なぶん酒ばっか飲んでる気がするなー。
  • 高級イタリアンのコスパ最高!お値ごろワインは危険な香り。(テリーさん・・・) かたつむりは貝の味。
  • つばささんが幸せいっぱいな件。足の小指をたんすの角に強打して声出せないほど悶絶しますように。
  • 8月進水予定の大型護衛艦、「いずも」級2番艦。名前が何になるのか楽しみ!「やくも」? 「かしはら」? 「かが」?? INDEX護衛艦部、ただいま部員募集中です!
  • あんこもちはやはり大福状ではなく、外側があんこらしい。1年以上自分の形態を知らなかったわたくし (´・ω・`)
  • 外債不要論ってどういうこと?外国債券の期待リターンが国内債券と同じというのがよくわからんです→記事の最後でまとめます。
  • 原油価格が下がると原油(先物)ETF!と色めきたつ人がいるけど、コモディティはゼロサムだし、コンタンゴの問題もあって、現物引き受けのできない個人投資家にはすごく不利な仕組み。グーとチョキしか出せないジャンケンをするようなもので、到底おすすめできない。

人と会って話せるのが楽しい、お金のことを話せるのが楽しい

子どもと家にいる時間が長いので、外に出て人と話すこと自体が新鮮でとても楽しかったです。価値観の近い人たちとするお金の話は、充実していてなお楽しい。

コモディティや外貨保険など、自分の知らない話を聞けて「おおおお」となるし、チェックしているつもりのニッセイのインデックスファンドの話でも、「そういえば新興国なかったですね。ほしい!」となります。普段は話題にしにくいお金の話を存分にできて、すっきり。やっぱりオフ会はいいなーと思った一日でした。

kenzさん、waniさん、ピヨママさんありがとうございました!ぜひまたご一緒させてください(*´▽`*)

最後にあんこもちがよくわかってなかった「外国債券不要論」の要旨をまとめてみる

プロの機関投資家がしのぎを削っている債券市場で、”お買い得な債券”はまずあり得ません。為替差損やインフレ率、機関投資家による調整などを考慮すると、結局どの国の債券を買っても理論上のリターンは変わらないことになります。

外国債券には分散効果はあるけれど、暴落時にはマイナスになってしまうため (国内債券のような緩衝効果は期待できず) 総合して考えると割に合わない。株式と債券の為替リスクは同じなので、同じリスクを取るならリターンの大きい株式で取りたい、というのが外債不要論の要旨です。

あんこもちは分散効果に期待して、少し外債を持ちたいと思っているのですが、それについては構わないんじゃない?とのこと。長い間もやもやしていたものがすっきりしました ♪

 カテゴリ
 タグ
Copyright © 貯金生活はじめました(家計簿と身近なお金の話) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。