スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

カニと日本酒と玉子かけご飯を求めて但馬にドライブ!前編 (但熊の玉子かけご飯)

但熊弐番館前のクマの木彫り


カニと日本酒がおいしい季節になりましたね。 実はあんこ家、一足お先にどちらも堪能しておりました。今さらで恐縮ですが、10月末に出かけた但馬ドライブのレポートをお届けします。

但馬は兵庫県の最北部の地域。標高1,000mをこえる山々と海に囲まれた自然豊かなところです。但馬牛や香住のカニが特に有名。夏はキャンプや鮎釣りなどが楽しめるのですが、今回の目的はカニと日本酒♪

ん?但馬においしい玉子かけご飯のお店があるから、そこも行きたいとな?? おk。目的地は香住漁港と香住鶴の蔵元、そして玉子かけごはんの名店、「但熊」

前編のこの記事では、「但熊」についてお伝えします (*´▽`)

アイキャッチ画像の木彫りのクマは「但熊」の看板クマ。 店のいたるところにいてかわいかったです☆ ところで玉子かけご飯のこと、一時期TKGって呼ぶのが流行ってましたよね。これって今でも通じるのかな?


カニと酒のために早起きしたら、きれいな虹が出ていました

綺麗な虹


遊びのためなら早起きもなんとやら~というわけで、朝7時に出発。きれいな虹が出ていました☆ こんなにくっきりした虹の橋を見るのははじめて (*´▽`)

最初の目的地は、兵庫県豊岡市にある「但熊」。コンビニでコーヒーを買い、京都縦貫道 沓掛ICに向かいます。丹波ICから先は一般道を通りました。のんびり行きましたが、2時間ほどで到着。 順調でした♪

※「但熊」の最寄りインターは舞鶴若狭道の福知山ICなのですが、京都近郊の方は京都縦貫道を通ったほうが高速代を節約できるかも?

我が家の場合、名神高速 大山崎IC-舞鶴若狭道 福知山ICだと片道3,330円かかるのですが、沓掛IC-丹波であれば720円で済みます。(平日・ETC利用の場合)

高速道を使ってのおでかけの場合、ルートによって料金が大きく違う場合があります。複数のルートを使える場合は、事前に料金を調べてくださいね♪


関西で評判の「但熊」の玉子かけご飯! しかしあんこもちは生卵が苦手です

但熊入口


「但熊」に到着~☆ 玉子かけご飯のお店のほか、スイーツのお店と農産物の直売所があります。早くつきすぎてしまったので、木彫りのクマさんに和みつつ先に農産物とスイーツを物色。いちばんのおすすめは新鮮な卵とふわふわのシフォンケーキ!おいしかった~ (*´▽`)


玉子かけご飯

オムレツとおにぎり


無事にお店が空いたので、さっそく玉子かけご飯を注文!したのは夫だけです(笑) わたしは生卵が苦手なので、オムレツ・おにぎり・くみ出し豆腐をゲットしました♪ヾ(。・ω・。)ノ゙

但熊の魅力は産みたて卵が食べ放題なこと。オムレツの奥に映っているような卵のかごがあって、好きなだけ食べることができます。卵の白身がぷっくりしてて美味しそう☆ちょっとだけ生食。うーん・・おいしいと思うんだけど、日頃食べないので味がよくわからん~。

オムレツは玉子の自然な甘さとコクを感じて美味でした。プレーンもいいけど、チーズオムレツにしたら絶品なんじゃないかしら?

あ、お米もおいしかったです☆ 精米したて・たきたての新米コシヒカリの味は格別。新米は正義!(`・ω・´)

くみ出し豆腐はほんのり甘く、滋味を感じる味。これ街でも売ってほしいなあ。鍋のお供にざる1杯分はいける気がする。


肝心の玉子かけご飯について語れなくてすみません

玉子かけご飯の味をお伝えできないのが残念ですが、TKG愛好家の夫が、玉子を10個もたいらげるほどには美味なようです。当然ながら、食べ過ぎでおなかこわしてました。バカですね~ヾ(;´▽`A``

続きの後編では、香住で食べたかに丼と香住鶴のお酒についてレポートします♪

Copyright © 貯金生活はじめました(家計簿と身近なお金の話) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。